• ベンチャーのプロが厳選した企業のみを紹介

    有給長期インターン個別相談会

    Goodfindが厳選したスタートアップやベンチャー企業の中から、

    あなたの志向性に合った合格可能性の高い有給長期インターンをご紹介します。

     

  • 長期インターンで

    得られるものとは?

    就職活動や入社後に活きる業界理解

    Business Understanding

    実際に身を置くことで、業界構造やビジネスの仕組みを深く理解できます。就活のスタートダッシュで差がつくのは、言うまでもありません。

    学生生活では得られない経験と成長

    Experience and Growth

    多くのスタートアップではインターン生も社員と同じ。社会人とフラットに議論し、自ら事業を回す経験を積めば、飛躍的成長が得られます。

    環境に依存せず、稼ぐ力

    Earning Ability

    時間を切り売りするアルバイトに従事するよりも、自分の頭で考え、お金を生み出す能力を鍛えることで、環境に依存せず稼ぐ力がつきます。

  • 長期インターンで活躍する大学生・大学院生の声

    ─アルバイトと何が違う?─

    A.Aさん(早稲田大学・4年)

    自分でWEBサービス立ち上げや東証一部上場ベンチャーでのインターンを経験し、まだ 組織の出来上がっていないスタートアップでも働いてみて、将来像を決めるとともに、自分の武器となる力を付けようと思い参加を決意しました。

    マンションの一室から、組織を作っていく。そこにやりがいを感じています。仕事は面白く飽きることはありません。時が経つのを忘れてしまうほどで、お金を稼ぎながらも有意義な時間を過ごせることが長期インターンの魅力ではないでしょうか。

    将来は自分で考えて行動し、物事を回していける人間になりたいと考えているため、引き続き長期的な視点を持ってインターンに励もうと思います。

    K.Yさん(一橋大学・4年)

    大学2年の秋、周囲の学生の画一的なキャリア選択に疑問を持ったことをきっかけに、ベンチャーでの長期インターンを開始しました。自分の頭で組織に貢献できることを考えて、自由に行動できる面白さに夢中になり、気付けば一年半、日々の仕事にのめり込んでいます。 

     

    具体的にはライターとして、メルマガなどの執筆経験を積んだ後、企業が出している雑誌の副編集長として、企画から営業管理、取材、記事執筆、P/L管理にいたるまで、2号にわたって携わりました。この裁量の大きさも長期インターンならではと言えるのではないでしょうか。

     

    長期インターンを通して、組織の拡大と変化を肌で感じながら、仕事の厳しさや面白さを知ることができました。普通の学生生活を送っていては決して出会えない、ロールモデルとなるような社会人との出会いも、かけがえのないものだと思っています。

    T.Sさん(慶應義塾大学・4年)

    大学四年生になって、大企業に内定ももらい、部活も引退してあとは卒業を決めて、企業で働くだけ!という状態になっていました。しかし、就活期に感じていたキャリア選択への違和感を払拭できないままでした。そこで私は周囲の反対を押し切り、もう一度就職活動を行うことにしました。その中で、ベンチャー企業で実際に働くことを進められ、インターンを開始しました。

     

     具体的には、イベントの集客活動として、Facebookの告知文の投稿や、ビラ配りを行っています。「0から1を作り出すのはビラや口コミなどのアナログ広告である」という信念のもと全力で集客ビラを配りました。配布する時間や場所はもちろんのこと、どうやったら通行人がもらってくれるかを徹底的に考えました。どこまで効果があったかまだ分かりませんが、直近の大型イベントでは過去最大の参加人数を記録しました。また私自身が体育会出身でキャリア選択において情報不足で悩んだことから、現役アスリートに対するキャリアセミナーも開催しています。 

     

    長期インターンを通して感じたベンチャー企業の良さは「信頼して任せてもらえること」だと思います。学生であるインターン生でも自走することが求められます。これは、やりがいもある反面厳しさも持ちあわせています。しかし、その厳しさも普通の大学生活をしていては決して得られないので、失敗も学びに変えることができれば、自身の成長に繋げられると思います。部活での熱い日々を社会人になったら味わえないとばかり思っていましたが、今部活と同じかそれ以上に熱を帯びた充実した日々を送っています。

  • 例えば、

    こんなスタートアップ・

    ベンチャーをご紹介します。

    インターン生でも挑戦機会に溢れ、有意義な経験ができるスタートアップやベンチャー企業の有給長期インターンを、厳選してご紹介します。

    金融×IT

    野村證券の元トップセールスが立ち上げた、日本人の金融リテラシー向上を目的としたスタートアップ。今注目のFintech企業として、急成長を遂げている。

    医薬×マーケ

    時価総額8,000億円を誇る、製薬系マーケティングのプロフェッショナルカンパニー。戦略性と実行力を求められ、知的タフネスが身につく環境が魅力。

    ファッション

    マッキンゼー出身経営者が率いる日本発のファッションブランド。グローバル市場を開拓し、世界のファッション界へ挑戦する、最も熱いフェーズにある。

    教育×IT

    サイバーエージェントなどから出資を受け、2011年創業ながらすでに北米や韓国に進出している。幼児教育におけるITの可能性を追求するスタートアップ。

  • Q&A

    長期インターンに関して、皆さんによく聞かれる質問を集めてみました。長期インターンを検討する際の参考にしてください。

    Q1. サマーインターンと迷っています。

    長期インターンとサマーインターンの違いは、実際に社会人としてビジネスを動かす経験が出来るかどうか。短期インターンのワークのほとんどは、その日のために準備されたもの。一方長期インターンでは、社員と同じ立場で実際にビジネスを動かす経験ができます。

     

    ビジネスの現場に身を置くということは、自分も社会人として扱われるということ。ビジネスコミュニケーションをはじめ、社会人になっても役立つスキルを身につけることが可能です。同時に、仕事や会社、業界のリアルを知ることができるでしょう。リアルを知ることは、キャリア選択に欠かせないプロセスです。

     

    とはいえ、短期インターンもフレームワークや知識が効率良く学べたり、学生同士のネットワークが広がったりとメリットがあるのも事実ですから、時間があるなら、ぜひ両方に参加してみることをお薦めします。

    Q2. 複数の会社でインターンをしてみたい。

    業界や仕事を理解するといった就職活動の一環として長期インターンを捉えるのであれば、1社だけでなく複数の企業で働いてみたいと思うのも当然かもしれません。

     

    ですが、Goodfindでは同時に2社以上の会社で長期インターンをすることはお薦めしていません。その理由は、2つの企業で少しずつ働くよりも、1つの企業に長時間コミットするほうが貴重な経験ができる可能性が高いからです。

     

    任される仕事の種類や裁量の大きさは、能力と信頼関係で決まります。企業には様々な種類の仕事がありますが、「たまにしか来ないインターン生には細切れの小さな仕事しか渡せない。毎日顔を出しているインターン生なら、こまめに進捗確認やフォローができるので、様子を見ながら大きな仕事を任せてみることが出来る」というのが、社員の本音だと思います。

     

    もちろん、出社頻度が低くても重要な仕事を任され、活躍しているインターン生もいますが、本腰を入れて取り組む姿勢があるか無いかで、得られるチャンスの大きさは違うでしょう。

    Q3. 無給なんですか?

    Goodfindでは、有給の長期インターンのみをご紹介しています。多くは時給制ですが、能力やコミットによっては、社会人と同等の給与をもらっているインターン生もいます。

     

    小規模のスタートアップでは、インターン生であっても役職に就いていたり、プロジェクトを統括していたり、新規事業立ち上げを任されていたりするのですから、給与が社員と同じでも不思議はありません。

     

    伝説的な例では、インターンとして大きく活躍し、正社員になると同時に執行役員に就任した強者もいます。

    そんな例は稀かもしれませんが、経営者の考え方を近くで学べたり、自らビジネスを動かせたりといった経験は、お金には代えがたいものだと思います。

    (繰り返しますが、ご紹介するインターンは全て有給です)

  • お申し込みはこちら

    「長期インターンをどのように選べばいいか分からない」

    「合格可能性の高いインターンが知りたい」

    「人と違った経験ができるハイレベルなインターンを探している」

     

    このような方は、まずはご相談ください。

    面談や少人数座談会を通して、あなたに合ったインターンをGoodfindがご紹介します。